展示会情報

私たちは何ができます

インサート射出成形

インサート射出成形には生産速度アップ非常に生産効率が高いです。金属プレス部品、軸のカバー、電子機械の部品、フィルター材料等とその他の分離部件を金型の特定位置に置くと熱可塑性を通して溶解材料に結んで一体に成形されます。

関連製品:単一材料に使用する標準成形機

多色或異材射出成形

多色は多く異なる色材料を型に流し込み成形する或は異なるの構成の件を成型する手段で合成した1つの特定機能のプラスチック部品になる。 『特定機能』とは硬い質PPと柔らかい質TPEの組合せができて、核心あるいは皮膜の組合せ、および多種の色の組合せ成型するなど。金型を回転或いは滑る或いは揺れ動く方法で、型それぞれキャビテイまで型に流される。

関連製品:多色(材)に使用する標準成形機

熱硬化性(ゴム及びBMC) 射出成形

熱硬化性インジェクション成形するため第一プロセスは材料(粒状ペレット)をホッパーへ入れて 原料は重力により加熱筒内に自然落下され、射出過程での充填。加熱後スクリューで金型のゲート方向へ押し込んで、溶解材料は引き続いき最後にすべての金型キャビテイの隅々までヘ高圧注射されて、キャビテイが適当な充填完了後、保圧、冷却、取出し(エジェクタ)・・・などにより1つ硬い成型品が完成される。 最後に型開けられて、成形した部品が自動的に箱の中に落ち込むが、人間の手でまたは自動取出し装置(ロボット)で取出すが多い。

関連製品:熱硬化性(BMC、ゴムなど)

液状シリコンゴム (LSR) 成形

液状シリコンゴム (LSR) 成形は高い生産量の条件の下で強靱で長持ちする丈夫な件を成型する製造プロセスです。液体シリコンが高純浄度の処理を経て低い圧縮性、安定性高い、極端な高低温悪い環境に耐えられます。液体シリコンは熱硬化性の本質を持つ、それが予熱する型金型キャビテイに注射される前に特殊な処理を経なければなりません。 一般的に言えば液体シリコンは特に精度に対して高い要求がある製品に適用して、例えば: 封印、膜、電子のコネクタ、端子のコネクタ等、その他 赤ん坊の製品に例えば哺乳瓶の乳首および医療用品と炊事用品のグリルパンと小さいシャベルなどです。

関連製品:液体シリコーンゴム
金属粉末射出成形

粉末成形は中大量化の生産で (つまり年間生産量の1万~2百万件) かすか (<20 μm)金属あるいは陶磁の粉末が原料として精密な部品の1種の製造の方法です。粉末成形する特に0.1~250ミリグラムの小さい部品で重さを造ることに適します。 横断面の通常は6.35センチメートルより大きくありませんて、同時に偏差度(度合)は±0.3%~0.5%の範囲内制御することができます。 粉末は成型して複雑な設計の概念を通して例えば使うことができることに溶解材料を型キャビテイに流し込みます: 炭素の鋼、低合金鋼、ステンレス、低い膨張の膨張する合金、工具鋼、柔らかい質の磁性の合金、合金を超える、材料(例えば:銅など)と陶磁などに伝導する範囲の広範な各種の材料は変えて高い精度の完成品になります。

関連製品:お問い合わせ
型内の装飾(IMR/IMF/IML)射出成形

型内の装飾(IMR/IMF/IML)成形の内で装飾は成型して色と表面の紋様の中で非常の多様化の同時に長持ちして丈夫な装飾の効果を提供する。表面印刷は伝統と異なる (例えば: 塗装、シルク印刷とメッキ)、処理手順は事前に薄い膜を印刷して型の穴の内面側に放置し、それから熱いとける材料を薄い膜の裏とプラスチックと一体成品になる。型内の装飾成形は成形した部品の視覚効果を持っています: 例えば金属、皮革、木あるいは石などのしわになる。型内の装飾成形はIMR、IML及びIMFに三種類の技術で、その中IMR表示’型内標識’或は’平面転写’、 IML表示’平面一体成形(2D)’、IMFは’曲面一体成形(3D)’です。

関連製品:お問い合わせ
続きを読む